突然の頭痛の対処法

突然起こる頭痛の悩み

悩んでいる女性

日頃から生活の忙しさや人間関係のストレスなど、頭が痛くなることが多い現代において、頭痛は多くの人に発症しています。頭痛が起こる原因もさまざまで、風邪や発熱によるものや、脳や神経の病気から起こり場合もあります。このような病気が原因ではなく起こる頭痛を偏頭痛と呼んでいます。ズキズキと痛むような偏頭痛は頭の片方に起きたり、時には両方に起こることもあります。程度によっては日常生活に支障が出てしまうこともあるので厄介です。また、首や肩のこりから生じる偏頭痛もあります。日頃から運動不足だったり、デスクワークが多い仕事をしていると定期的に発症することもあります。偏頭痛が起こる兆候として、視界が霞んできたり、見え方に煩わしさがあると偏頭痛の始まりと自覚できる人もいますが、ほとんどの場合、突然に強い痛みが起こるので、仕事の効率が上がらなくなったり、家事を休まなければならないほどの悩みに発展してしまいます。時には吐き気やめまいが併発することもあるので、病院を受診することも大切です。

拡張した血管を対処します

偏頭痛の治療法にさまざまな薬が開発されています。体質により合わないものもあるので、医師や薬剤師に相談が必要です。頭痛が起こるメカニズムは、脳の血管が拡張することで脳神経の中でも三叉神経が圧迫されてしまいます。刺激を受けた三叉神経は、痛みを引き起こす炎症物質を放出するので血管の周辺に炎症が生まれ、神経を通じて痛みを感じてしまいます。効果的な薬として、この血管の拡張を抑える物があります。このような薬を痛みが起こる前に大量に飲んでも逆に頭痛を引き出す原因にもなるので、適量の治療が大切です。また、血管の拡張を抑える治療法に、患部や首の後ろを冷やすことも効果的です。入浴をしたり温めるとより血管が拡張してしまうので控えるとよいでしょう。血管を収縮させる作用のある飲み物にカフェインが含まれている物があります。コーヒーや紅茶、緑茶はカフェインが含まれており、過剰に摂取しなければ効果が期待できます。血液の流れを抑えるために、こめかみを抑える行為も偏頭痛を緩和させてくれる治療法の一つです。タオルで鉢巻のように頭を巻いたりする方法もあります。時間があれば刺激の少ない暗室で休息を取ると血流の流れも緩和されて、頭痛も落ち着いてきます。